ブログトップ > 第四期記事 > 参考記事 アーカイブ

参考記事 アーカイブ

脳を訓練して癖を治そう。新しい神経経路を創る十の方法

20140410-082102.jpg

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2014年4月8日火曜日

「脳で神経経路がどのように作られるかについて理解しようとする時、習慣を捨てる方法を本当に理解するための最前列の座席を得るでしょう。神経経路はメッセージを送信する神経細胞の幹線高速道路のようだ。あなたが幹線高速道路を旅してまわればまわるほど、その経路はますます堅牢になる。あなたが気晴らしに特定の食物やたばこを摂取すればするほど、それが脳の神経経路を形成する。しかし、脳は常に変化しており、あなたが新しい経路を築き、新しい習慣を創ることができるのは有望な事実だ。それは脳の可逆性と呼ばれている。

私は運転するとき片方の足でブレーキを踏み、もう一方でアクセルを踏んでいたが、片足だけを使って運転するように訓練したかった。両足を使用しての運転は神経を使うので、それはいくらか時間を要した。しかし、それをする意志があったので、私は新しい経路を敷設し、脳を再配線、もしくは再プログラムした。あなたは脳から直接、習性や思考や中毒を取り除くことができる。」

もっと読む:Train Your Brain To Let Go Of Habits – 10 Methods For Creating New Neural Pathways

原子力当局者トップ:日本の「放射能との絶望的な、一見終りのない戦い」ー「住民の日常生活に一見して無限の損害」

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年11月13日火曜日10:44

「福島第一原子力発電所で二〇一一年三月十一日に起こった過酷な事故は、住民の日常生活に一見して無限の損害を引き起こしている。重大で広範囲にわたる環境汚染が原子力発電所(NPSs)から放出される放射性物質によって起きている。

事故は家や農地、森、海岸等の環境をひどく汚染し、結果として住民にとってはかなりの放射線被曝になっている。一年が経ち、環境と原子力の電力利用に対する損害から回復する具体的な計画はないようにみえる一方、国家は放射能との絶望的な、一見終りのない戦いと戦うことを余儀なくされている。」

もっと読む:Top Nuclear Official: Japan in ‘Desperate, Seemingly Endless Battle with Radiation’ – ‘Seemingly Infinite Damage to the Daily Life of Residents’

地震を引き起こす水圧破砕が原子力発電所の五百フィートの範囲内で許可される

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年10月23日火曜日08:41

「アメリカ政府は、水圧破砕が地震を引き起こす可能性があることを公式に述べている。一部の水圧破砕の企業は、現在、科学界が同意するこの事実を認めている。これとこれとこれとこれとこれを見てください。

地震は、もちろん、原子力発電所に損傷を与える可能性がある。たとえば、福島の作業員と日本政府さえ、現在、津波が届く前に核が溶融したかもしれないと認めている。」

もっと読む:Earthquake-Causing Fracking to Be Allowed within 500 Feet of Nuclear Plants

フクシマ四号機下の地盤が沈下、構造体は完全に崩壊寸前

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年10月17日水曜日07:08

「主流メディアがずっと以前に問題を切り捨てているが、著名な日本の当局者によると、日本の福島第一原子力施設の不安定な状況はただ悪化し続けているのみである。最近のインタビュー中に、スイスとセネガルの元日本大使村田光平は、四号機下の地面が徐々に沈んでおり、全構造体がほとんど完全に崩壊寸前であると説明した。

これが大きな懸念材料になっているが、四号機には現在千五百本以上の使用済み燃料棒があり、総合して三千七百万キュリーの致死的な放射線が仮に放出されるなら、世界の多くが完全に居住に適さなくなる可能性がある。ナチュラルニュースの一部の読者は思い出すだろうが、四号機には二〇一一年三月一一日に襲った破局的な地震と津波の後に激しく損傷を受けた悪名高い高台の冷却プールがある。」

もっと読む:Ground Under Fukushima Unit Four Sinking, Structure on the Verge of Complete Collapse

デーヴィッド・アイクの発信する情報をいち早く知りたい方、最新の英文ニューズレターのメール配信、2005年以来の過去のニューズレターや会員に向けたビデオ映像の閲覧を希望される方は、こちらをクリックしてください。

私たちがコンピュータシミュレーションの中に住んでいることを証明する方法があるかもしれないと物理学者は云う

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年10月12日金曜日08:14

「二〇〇三年に遡れば、オックスフォード教授ニック・ブーストレムは、私たちがコンピュータシミュレーションの中に住んでいるかもしれないとほのめかしている。論文の中でブーストレムは、自らの仮説を裏付けるのにごくわずかな科学しか示さなかったが、そうした離れわざを行うのに必要なコンピュータの必要条件を計算している。また確かに、哲学的な主張と、それを実際に証明することはまったく別である。しかし現在、物理学者のチームは、証明はできる可能性があるし、それはマトリックスで有名な赤い錠剤として用いられる宇宙論的な記号を見つけるかどうかの問題だと云う。さらに、彼らはそれが何であるかを判っていると考えている。

ドイツのシラス・ビーンとボン大学の彼のチームによると、宇宙のシミュレーションは、どんなに強力であろうと、依然として制約があるはずなのだ。こうした限界は、シミュレーション内部の人々に、身体的なプロセスに対する一種の制約として観察されると彼らは主張する。」

もっと読む:Physicists Say There May Be a Way to Prove That We Live in a Computer Simulation

ブログトップ > 第四期記事 > 参考記事 アーカイブ

最近の記事
最近のコメント
  • Loading...
タグ一覧
カテゴリー
アーカイブ
ページ一覧

ページの先頭へ