ブログトップ > 第四期記事 > 参考記事 アーカイブ

参考記事 アーカイブ

アイクの近況をお伝えします。

みなさんへ

アイクのニューズレターは今年に入ってから文章ではなく、ビデオレターになりました。

配信されてくるビデオレターをmituboshiさんに聞いてもらい、アイクの近況情報をできるだけお伝えするようにしたいと思います。

画像、音声等聞き苦しいこともあると思いますが、第一回目としてお聞きいただければ幸いです。

2014年10月26日    itabashi

 

YouTube Preview Image

「ノア」―“視聴者”の血統と“終わり”の始まり…

アイク4月16日ノア

Wednesday 16 April 2014

BY DAVID ICKE

「ノア」―“視聴者”の血統と“終わり”の始まり…
私は最近ダーレン・アロノフスキー(Darren Aronofsky)映画監督、ラッセル・クロー主演の映画“ノア”を見に行った。 ダーレン・アロノフスキー映画監督の作品は“レクエム・フォー・ドリーム”(2000年)、“パイ”(1998年)、“ファウンテン永遠に続く愛”(2006年)そして“ブラック・スワン”(2010年)がある。それは、アロノフスキー監督のスタイリルと影響が調和された、叙事詩の一篇の作品だった。

この惑星地球上は、まるでイースターであり、私は「箱舟のような」という聖書映画レビユーが、聖句第4節の最後の「チョコレート卵」のうさぎのバスケットの様に、うまくいくだろ思った。
私は、宗教的に書かれたものは好きだし、ノアの物語に出てくるいくつかの話も 嫌いではない。ノアについて「オリジナルに書かれたもの(スクリプト)」を表現していないので、若干のキリスト教徒のグループを失望させたようにみなされるが、旧約聖書の文章の多くについてもオリジナルではないから、このレビユーで、論争に焦点を当てることもない。その他に、テーマとキャラクターを見ても、オリジナルな物語から逸脱している。

私が宗教的でないことは、多くの人が知っている。聖書を信じている人をとやかく言うつもりはない。しかし、“ノア”は「ロード・オブ・リング」スタイルの映画だ。創世記からマラキ章までの聖書からかけ離れた表現の矛盾は、映画の大きな特徴である。アダムとイブの「永遠の園」のリンゴを食べた原罪による追放は短絡的で、私がそっと忍びこむと彼らは出ていく、リンゴに申し訳ないが…。

アダムとイブはXとYに表される、ミトコンドリアDNAとY染色体DNAのシンボルである。 – “X”についてのシンボルは他のレビューのホットなトッピクスで探せる。

Read more: Noah – the Bloodline of the ‘Watchers’ and the Beginning of the ‘End’

脳を訓練して癖を治そう。新しい神経経路を創る十の方法

20140410-082102.jpg

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2014年4月8日火曜日

「脳で神経経路がどのように作られるかについて理解しようとする時、習慣を捨てる方法を本当に理解するための最前列の座席を得るでしょう。神経経路はメッセージを送信する神経細胞の幹線高速道路のようだ。あなたが幹線高速道路を旅してまわればまわるほど、その経路はますます堅牢になる。あなたが気晴らしに特定の食物やたばこを摂取すればするほど、それが脳の神経経路を形成する。しかし、脳は常に変化しており、あなたが新しい経路を築き、新しい習慣を創ることができるのは有望な事実だ。それは脳の可逆性と呼ばれている。

私は運転するとき片方の足でブレーキを踏み、もう一方でアクセルを踏んでいたが、片足だけを使って運転するように訓練したかった。両足を使用しての運転は神経を使うので、それはいくらか時間を要した。しかし、それをする意志があったので、私は新しい経路を敷設し、脳を再配線、もしくは再プログラムした。あなたは脳から直接、習性や思考や中毒を取り除くことができる。」

もっと読む:Train Your Brain To Let Go Of Habits – 10 Methods For Creating New Neural Pathways

原子力当局者トップ:日本の「放射能との絶望的な、一見終りのない戦い」ー「住民の日常生活に一見して無限の損害」

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年11月13日火曜日10:44

「福島第一原子力発電所で二〇一一年三月十一日に起こった過酷な事故は、住民の日常生活に一見して無限の損害を引き起こしている。重大で広範囲にわたる環境汚染が原子力発電所(NPSs)から放出される放射性物質によって起きている。

事故は家や農地、森、海岸等の環境をひどく汚染し、結果として住民にとってはかなりの放射線被曝になっている。一年が経ち、環境と原子力の電力利用に対する損害から回復する具体的な計画はないようにみえる一方、国家は放射能との絶望的な、一見終りのない戦いと戦うことを余儀なくされている。」

もっと読む:Top Nuclear Official: Japan in ‘Desperate, Seemingly Endless Battle with Radiation’ – ‘Seemingly Infinite Damage to the Daily Life of Residents’

地震を引き起こす水圧破砕が原子力発電所の五百フィートの範囲内で許可される

デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年10月23日火曜日08:41

「アメリカ政府は、水圧破砕が地震を引き起こす可能性があることを公式に述べている。一部の水圧破砕の企業は、現在、科学界が同意するこの事実を認めている。これとこれとこれとこれとこれを見てください。

地震は、もちろん、原子力発電所に損傷を与える可能性がある。たとえば、福島の作業員と日本政府さえ、現在、津波が届く前に核が溶融したかもしれないと認めている。」

もっと読む:Earthquake-Causing Fracking to Be Allowed within 500 Feet of Nuclear Plants

ブログトップ > 第四期記事 > 参考記事 アーカイブ

最近の記事
最近のコメント
  • Loading...
タグ一覧
カテゴリー
アーカイブ
ページ一覧

ページの先頭へ