ブログトップ > 第四期記事 アーカイブ

第四期記事 アーカイブ

「デーヴィッド・アイクとは何者か?」太田龍特別講義

YouTube Preview Image西洋のもっとも先端を行く思想家、異端児アイク。今多くの日本人が注目してやまない思想家でもある。 日本における文明批判の第一人者・太田龍が、アイクの出自から彼の 展開してきた足跡をたどり、日本人がアイクを理解するとはどういう 意味を持つのか、また今後どのような展開が期待されるのか、わかり やすく解説。 これは。アイク二度目の来日(2008年2月11日)の直前に撮りおろされた太田龍初の映像による特別講義である。

平成26年12月25日  itabashi

アイクの近況③ 12.7.2014

アイクの近況 第3回目 12月7日
アイクのビデオニューズレターから、お伝えします。YouTube Preview Image

アイクの近況② 11.2.2014

アイクの近況 第二回目
先週に引き続きアイクが質問に答えている内容をお伝えします。

YouTube Preview Image

アイクの近況をお伝えします。

みなさんへ

アイクのニューズレターは今年に入ってから文章ではなく、ビデオレターになりました。

配信されてくるビデオレターをmituboshiさんに聞いてもらい、アイクの近況情報をできるだけお伝えするようにしたいと思います。

画像、音声等聞き苦しいこともあると思いますが、第一回目としてお聞きいただければ幸いです。

2014年10月26日    itabashi

 

YouTube Preview Image

『ハイジャックされた地球を99%の人は知らない 下』

81KGf1zTkaL[1]

内容紹介

今こそ声を上げ、不服従のダンスを踊るのだ! ハイジャックされた地球を99%の人が知らない(下) すべての方面から推進される《血族》による支配と淘汰のアジェンダ 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/11

デーヴィッド・アイク (著), 本多 繁邦 (翻訳)

船瀬俊介激賞!
「この惑星の超巨悪に怒りが湧き恐怖で震えた。笑顔で覚醒するための最高文献だ! 」

《土星‐月マトリックス》という知覚の壁を破って、人間の集団的隷属状態を終わらせるには、本来の自分の姿に目覚めなければならない。すべては、まさにすべては、そこから始まる。思い出すのだ、あなたは何者なのか、今どこにいるのか、どこから来たのかを。思い出せ。この理不尽な地球陰謀を消せるのは、あなたしかいない!

◎ 「ロスチャイルド・シオニズム」――パレスティナで繰り広げられている組織的な民族抹殺計画、〈9・11〉、福島の原発「事故」、ハリウッドやインターネットの支配、世界各地で繰り広げられる紛争、戦争、革命。それもこれも最短100年単位の超長期計画によって展開している。
◎ 地球人口を数十億単位で間引きし、レプティリアンの支配しやすい規模に持ち込もうという「人類大淘汰計画」。
◎ 残忍な金融支配。ロスチャイルド家を始めとする血族が、そのネットワークを駆使しながら、現実には存在しないマネーを高利で貸し付け、国家をも支配下に入れていく「信用経済」。
◎ 人類に対する大規模マインドコントロール
◎ 〈世界の目覚め〉で踊る〈不服従のダンス〉。かつて退いた人類の味方や異次元での反レプティリアン同盟が、広大な宇宙の各所で戦いを繰り広げている。
◎ 〈真実の振動〉に●精神●(マインド)を開いて〈無限の●意識●(コンシャスネス)〉とひとつになることで道は拓かれる。私たちが、自分が誰なのかを思い出すだけで、悪夢は終わる!

ブログトップ > 第四期記事 アーカイブ

最近の記事
最近のコメント
  • Loading...
タグ一覧
カテゴリー
アーカイブ
ページ一覧

ページの先頭へ